会席料理について

 

温泉旅行といえば、観光や温泉よりも、とにかく宴会を楽しみにしているという方もいらっしゃるのではないでしょうか?確かに、団体旅行となれば、宴会は決して外すことのできないお楽しみの一つです。そんな宴会を盛り上げてくれるのが会席料理です。
料理がおいしくて、充実していればもっと宴会は楽しいものになります。ですが、料理の味が残念だったり、量が全然足りなかったり…となれば逆に盛り下がってしまうことになるかもしれません。

同じ会席料理でも、旅館によって内容はことなっています。また、同じ旅館の中でもいくつかのパターンの会席料理が用意されていることもあります。つまり、会席料理にもさまざまな選択肢があるのです。そこで、会席料理をどう選び、そして楽しめばいいのかについて考えてみたいと思います。
旅先での宴会をより楽しいものにしたい…そう考えている方は上手に会席料理を上手にチョイスするようにしましょう。

 

余るともったいない…は考えないようにしよう

残すのに抵抗がある

会席料理と言うと、いつも余ってしまう…そんなイメージを抱いている方もいらっしゃるかもしれません。お酒や会話などに夢中になり、食事の方が残ってしまうケースが多いのは確かに事実です。だからと言って、料理を少な目にオーダーしてしまうのはNGです。いくら余ってしまうと言っても、量が少なければ、誰もが遠慮して、食事を楽しめなくなってしまうのです。

残しても大丈夫!

会席料理はいわば、和食のパーティメニューですので、少し多めにオーダーして余らせるくらいの気持ちで考えるようにしましょう。
余るともったいない…その気持ちは悪いものではありませんが、それが強すぎると宴会を盛り下げてしまうことになるかもしれません。

 

参加者の好き嫌いに合わせた注文はできる?

ブロッコリーが嫌い

旅館の会席料理の場合、あまり融通が利かないと思われている方も多いようです。ですが、和食中心の旅館の場合、案外参加者の好みなどに合わせて、メニューを調整してくれることもあるのです。案外、こういったオーダーがされることも多いことから、旅館ではあらかじめさまざまな注文に対応できるように準備しているものです。予約の段階で、食事に対する注文をしておけば、よほど無理なオーダーでないかぎり、対応してもらえるはずです。
好き嫌いの多いメンバーが参加する宴会の場合、事前にチェックしておきましょう。

会席料理の選び方は難しい…そう考えている方も多いかと思います。ですが、ここでご紹介したポイントさえ押さえれば、上手にチョイスすることができるはずです。